ログイン/ 登録
今すぐフライト予約

病気/疾患のあるお客様

安全で快適な空の旅にしていただくため、病気/疾患のあるお客様は、当社による別段の定めがない限り、旅行日前7日以内に作成された有効な診断書を提出し、チェックイン時に旅行に差しさわりがないことを確認する有限責任声明書に署名することが求められます。 当社の輸送に関するご利用規約第7.3項をご参照ください

病気/疾患の定義:

  • 既往症、
  • 不安定な病状、
  • 直前の病気、怪我、手術、入院、
  • 海外での加療目的、
  • 感染症、伝染病、慢性病

業務上の規定により、飛行中継続的に酸素の供給を必要とされるお客様を受け入れることはできかねますことをご承知おきください。

診断書による証明を必要としない病気/疾患

病状や怪我が安定しており、お客様の体調が良い場合

  • 麻痺
  • 運動ニューロン疾患
  • 多発性硬化症
  • パーキンソン病
  • 特定の食物に対するアレルギー
  • 高血圧または高脂血症
  • 糖尿病
  • 貧血症などの血液疾患(酸素を必要としないことが前提)
  • てんかん(フライト出発時間の24時間以内に発作を起こしていない場合に限ります)
  • 関節炎
  • 虫刺され
  • つま先や指の傷のような軽い怪我、足首の捻挫、肉離れ、小さな切り傷
  • 日焼け
  • B型またはC型肝炎
  • デング熱
  • ウイルス性髄膜炎
  • マラリア
  • コレラ―症状が落ち着き、お客様が旅行できるほど体調がよく、目的国の国家保健当局が旅行を許可している場合
  • A型肝炎―お客様が旅行できるほど体調がよい場合
  • 帯状疱疹―発疹がじくじくしていない、あるいはかさぶたで覆われている場合
  • 黄熱病―お客様が旅行できるほど体調がよく、目的国の国家機関が旅行を許可している場合
  • インフルエンザ―症状が治まり、回復している場合


以下の病気/疾患のお客様についても、診断症を提示していただく必要はありません。ただし、その病気/疾患が当該フライト出発日の3ヶ月前までに発生したものであり、お客様が旅行できるほど体調が良い場合(フライト中に酸素を必要としないことが前提)に限ります:

  • 心臓発作または血管形成
  • 深部静脈血栓症(DVT)または肺塞栓症(PE)
  • 脳卒中(CVA)または頭部損傷
  • 心臓、胸部、腹部の手術
  • 関節置換術または切断術

 

診断書の証明が必要とされる病気/疾患

以下の表には診断書が必要とされる感染症、伝染病、慢性病の一覧が掲載されています(これがすべてではありません)。 旅行して安全な期間も記載されています。

疾患 いつから旅行可能か?
水疱瘡 発疹が最初に現れてから5日経過後(ただし、発疹跡がかさぶたで覆われていること)
はしか 発疹が最初に現れてから5日経過後
おたふく風邪 腫れが最初に現れてから5日経過後
風疹 発疹が最初に現れてから5日経過後
結核 診断書で、お客様からの結核感染がないことが証明された場合
百日咳

抗生物質による治療開始後5日経過後、または治療を受けていない場合は症状の発現から3週間経過後