エアアジアグループについて

エアアジアは2001年に現CEOのトニー・フェルナンデスがマレーシアで2機の飛行機からビジネスをスタートし、「Now Everyone Can Fly」の夢を掲げ、アジア全域、更にはアジア以外の地域にもネットワークを拡大。現在では200機以上の機体を保有し、20カ国以上、120以上の都市に就航、4億人を越えるお客様にご利用いただくアジア最大級のLCC(格安航空)マーケットを牽引するグループへと成長しました。2017年7月には9年連続でSky Tracks社「ワールド・ベスト・ローコスト・エアライン」を受賞しました。

エアアジアは独自のカルチャーを持つ活気ある会社です。社員は全員が主役であるという意味で”Allstars”と呼ばれ、男性・女性・国籍の区別なく、国境を越えて様々なテクノロジーを活用して仕事をしています。女性の役職者も多く、チャレンジを推奨する自由な雰囲気にあふれています。

エアアジア グループには後述する短・中距離(飛行時間4時間以下)を運行する「エアアジア」と、長距離(飛行時間4時間以上)を運行する「エアアジアX」があります。「エアアジア」では機材としてエアバスA320を使用。180席で運航しています。「エアアジアX」は機材としてエアバスA330を使用。377席(うち12席はプレミアムフラットシート)で運航しています。

エアアジアグループ CEO トニー・フェルナンデス

2001年、トニー・フェルナンデスは低価格で高品質のサービスを提供することで飛行機の旅行をエリート層から開放し大衆化することを目的とし、Tune Air Sdn Bhdをパートナーと設立しました。負債を抱えていたエアアジアをマレーシアの所有者DRB-ハイコムから1リンギット(日本円で約0.28円)で買収し、同会社の4,000リンギットの負債を引き継ぐことに同意します。トニー・フェルナンデスが事業を引き継いだエアアジアは、彼のパートナーの助けも得て、2001年9月11日後の厳しい環境にもかかわらず、2年以内で負債を完済しました。創業時、飛行機は2機(ボーイング737-300)、就航先は1カ所(ランカウイ島)、従業員は250名でした。

トニー・フェルナンデスは、2001年12月からエアアジアのグループCEOを務めています。エアアジアに入社する前は、ヴァージン・コミュニケーション・ロンドンで監査役、1989年にワーナーミュージック・インターナショナルロンドン、1992年にワーナーミュージック・マレーシアのマネージング・ディレクター、1996年にはワーナーミュージック・サウスイーストアジアの地域マネージング・ディレクター、1999年、ワーナーミュージック・サウスイーストアジアの副社長を歴任しています。

エアアジアのビジョン アジアで一番のLCCへ

エアアジアのネットワークをひろげることで、飛行場までのアクセスの悪さや高い航空運賃が理由で、まだ飛行機という交通手段を使っていない440万人の人々にもエアアジアに乗ってもらうことを目指す

エアアジアのミッション

  • 最高の職場になる(社員が大きな家族の一員として扱われるような会社)
  • ASEANの航空会社として世界中で認識される
  • 常に一番安い運賃を提供する(エアアジアで誰でも空の旅が可能となる)
  • 最高のサービスを常に提供する(テクノロジーを活用しコストを下げ、サービスレベルを維持する)

エアアジア(飛行時間4時間以下の中・短距離を運航)


エアアジア - 航空会社コード:AK

設立: 2001年
拠点: クアラルンプール、コタキナバル、ペナン、ジョホールバル、クチン
CEO: アイリーン・オマー


タイ・エアアジア - 航空会社コード:FD

設立: 2003年
拠点: バンコク、プーケット、チェンマイ、クラビ、タパオ、ハートヤイ
CEO: タサポン・ベレヴァル


インドネシア・エアアジア - 航空会社コード:QZ

設立: 2004年
拠点: ジャカルタ、バリ、スラバヤ、メダン
CEO: デンディ・コルニヤウアン


フィリピン・エアアジア - 航空会社コード: Z2

設立: 2010年
拠点: マニラ、セブ、カリボ
CEO: キャプテン・デックスター・コメンダドア


エアアジア・インディア - 航空会社コード:I5
設立: 2013年
拠点: ベンガルール、デリー、チャンディーガル、ゴア、グワーハーティー、ハイデラバード
CEO: アマール・アブロール


エアアジアジャパン - 航空会社コード:DJ
設立: 2014年
拠点: 名古屋、札幌
CEO: 秦 修

エアアジアX(飛行時間4時間以上の長距離を運航)


エアアジア X - 航空会社コード:D7
設立: 2007年
拠点: クアラルンプール
就航地: 中国、オーストラリア、台湾、韓国、日本、中東、米国など
CEO: ベンヤミン・イスマイル


タイ・エアアジアX - 航空会社コード:XJ
設立: 2013年
拠点: バンコク - ドンムアン
就航地: 韓国、日本など
CEO: ナダ・ブラナシリ


インドネシアエアアジアX - 航空会社コード:XT
設立: 2014年
拠点: バリ
就航地: オーストラリア、日本など
CEO: デンディ・コルニヤウアン


エアアジアでは自らを航空会社ではなく、航空事業に詳しい会社であると考えています。 当社はお客様への理解を深めることにより、明敏な旅行者の真のニーズを実現し、さまざまな要望や期待を持つお客様すべてを満足させる最高のサービスと品質を提供しています。AirAsia Allstarsとして私達の一員になりたいとお考えの方は採用情報にて詳細をご覧ください。