機内での電子機器の使用について(DJ便)

「航空機の運航の安全に支障を及ぼすおそれのある電子機器等を定める告示」(平成26年9月1日施行)の一部改正に伴い、電子機器の使用制限時期を下記の通り運用致しますので、お客様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

電子機器の種類 使用が制限される時期
携帯電話、PHS、パソコン、トランシーバー、電子ゲーム機、ワイヤレスマイク、無線操縦玩具、携帯情報端末、携帯型データ通信端末 左記の機器を含む、作動時に通信用の電波を発する状態にある機器 出発時「飛行機の全てのドアが閉まった時」から「着陸後の滑走が終了する時」まで※1.
左記の機器を含む、作動時に電波を発しない状態にある※2機器 制限なし / 常時使用可能※3

電子機器は、飛行機のドアが閉まり、客室乗務員からの案内がありましたら、機内モード等の電波を発しない状態とするか、電源をお切りください。違反した場合には、50万円以下の罰金が科せられることがあります。(航空法施行規則第164条15)また、お預けになるお手荷物のなかに電子機器を入れる場合には、あらかじめ電源をお切りください。
お客様のご協力をいただけますようよろしくお願い致します。

※1 機内アナウンスにてご案内致します。
※2 機内モードなどに設定し、電源がON(入)になっていても航空機外との通信機能がOFF(切)になっている状態を指します。
※3 安全のため、機長の判断で電子機器の使用を制限させて頂く場合があります。

*エアアジア・ジャパンが運航する便(DJ便)以外の便においては、各航空会社の機内アナウンスに従ってご協力お願い致します。