エアアジア全グループで燃油サーチャージを廃止

エアアジアは、昨年からの世界的な原油価格の下落を受け、グループ内にて中・長距離路線を運航する  エアアジアX、タイ・エアアジアX、そしてインドネシア・エアアジアXに関して2015年1月26日以降すべての中・長距離路線において燃油サーチャージの廃止を決定いたしました。

エアアジアは2008年に航空会社として初めて国内線・国際線問わず燃油サーチャージを廃止しました。 燃油高騰の流れにより、2011年には年路線によって燃油サーチャージを再開しておりました。 (日本は対象外) この度はエアアジアX、タイ・エアアジアX、インドネシア・エアアジアXの路線すべてにおいて燃油サーチャージを廃止とさせていただきます。

日本のお客様に関しましては、今回の燃油サーチャージ完全廃止を記念して本日から“アジア世界遺産めぐり”キャンペーンを開始いたします。さらにお得な運賃のご提供によって少しでもお気軽に、お得に海外旅行をお楽しみいただければ嬉しいです

エアアジアグループCEO のトニー・フェルナンデスは、“昨年(2014年)の12月に燃油サーチャージ廃止の決断をしてから開始まで時間がたってしまいましたが、今回の燃油サーチャージ完全廃止によりより多くのお客様が気軽に旅行を楽しめることを期待しています。これは、お客様にとってのメリットだけではなく、観光業によって各国や地域が経済的に活性化する効果もあると信じています。”と述べ、今後ともお客様がエアアジアでの旅をご満足いただけるよう努力していくと語りました。

*エアアジアのキャンペーンに関しての詳細はairasia.comにてご確認ください。