エアアジアX、米国路線開設へ

~アジアLCCとして初めてFAA承認を取得~

2017年1月24日(マレーシア)

エアアジア・グループ傘下でマレーシアの大手長距離航空会社であるエアアジアXは、アメリカ連邦航空局(Federal Aviation Administration、略称:FAA)より米国路線開設に関する承認を得ました。アジアのLCCとしては初めての承認です。今回の承認を受けて、エアアジアXは、米国内の様々な拠点への路線への就航が可能となります。ホノルルを含むいくつかの拠点にむけて路線拡張をすでに検討しております。

エアアジアXグループCEOのダトック・カマルディン・マラノンは次のようにコメントいたしました。「これまで私たちはアジアを中心に、オーストラリア、中東までネットワークを展開してきましたが、今回の承認により全く新しい市場を開拓できることに大変興奮しています。」.