AK 便のご利用条件(運送約款)

定義

1.1 用語の意味: 本運送約款に含まれる以下の特定の表現には次の意味があります:

  • 「airasia スーパーアプリ」 とは、さまざまなモバイルプラットフォームでご利用可能な、エアアジアのモバイルアプリケーションを指します。
  • 用語の意味:本運送約款に含まれる以下の特定の表現には次の意味があります:
  • 「航空会社コード」とは航空会社を識別する2文字または3文字を指します。
  • 「認定代理店」とは、航空会社のサービスおよびその他の航空会社のサービスを介した航空旅客輸送の販売において、航空会社を代表するために航空会社によって任命された旅客販売代理店を指します。
  • 「手荷物」とは、搭乗者が旅行に関連して携行する個人的所有物を指します。別途の定めがある場合を除き、手荷物とは、受託手荷物および機内持ち込み手荷物の両方が含まれます。
  • 「手荷物許容量」とは、搭乗者が当社のサービスで移動する際に輸送できる受託手荷物および/または機内持ち込み手荷物の量を指します。
  • 「手荷物券」とは、受託手荷物の預かり証として当社が搭乗者に発行する、受託手荷物の輸送に関連する手荷物識別票(タグ)を含む書類を指します。
  • 「手荷物識別票(タグ)」とは、受託手荷物を識別することを唯一の目的として、当社により発行される書類を指します。
  • 「搭乗券」とは、フライトにチェックインした証拠として搭乗者に発行される書類を指します。
  • 「予約」とは、フライトの購入のためにお客様が行った予約を指し、この利用規約に従って当社が受け入れるものとします。
  • 「予約番号」とは、当社が確認した各予約を識別するために使用される当社からお客様に提供される参照番号を指します。
  • 「運送業者」とは、チケットを発行する航空会社、およびその下に搭乗者および/または手荷物を運送または請け負う、または、かかる航空運送に関連するその他のサービスを実行または請け負うすべての航空会社を指します。
  • 「受託手荷物」とは、当社が保管権を有し、手荷物識別票(タグ)を発行した手荷物を指します。
  • 「チェックイン時間」とは、チェックイン手続きを完了し、搭乗券を受け取るまでの、航空会社が指定した制限時間を意味します。
  • 「契約条件」とは、旅程表に含まれている宣言文、または旅程表と共に供給される宣言文、宣言文として認められるもの、ならびに参照される本利用条件(運送約款)に含まれている宣言文、および当社のオフィス、チェックインカウンター、ウェブサイト、airasia スーパーアプリより入手可能な通知に含まれている宣言文を指します。
  • 「接続時間」とは、FLY-THRUフライトの場合、あるフライトの到着から別のフライトの出発までの時間を意味し、90分以上6時間以内の間隔でなければなりません。当社は、空港運営者による空港の制限および/または運用要件により、事前のアドバイスなしにFLY-THRUフライト間の接続時間を変更する権利を留保します。
  • 「損害」には、運送またはそれに付随する運送業者によって実行されるその他のサービスに起因または関連して発生する、死亡、負傷、遅延、損失、部分的損失、またはその他のあらゆる性質の損害が含まれます。
  • 「国内運送」とは、出発地と目的地の両方が同一国内にあり、その国の外に着陸地がない旅行を指します。
  • 「電子クーポン券」とは、当社のデータベースに保持されている電子航空クーポン券またはその他の有価書類を指します。
  • 「電子航空券」とは、当社または当社に代わって他社により発行された旅程表、電子クーポン券、および該当する場合は搭乗書類を指します。
  • 「運賃」「手数料」および「料金」とは、電子的および/または書面で公開された当社の運賃、手数料、および料金で乗客の運送のために支払われるもので、定期的に提供される「通常運賃」または一般的に低価格で時間、使用回数、利用可能性のあるスペースに制限のある「プロモーション運賃」のいずれかです。
  • 「航空クーポン券」とは、「good for passage(輸送に適格)」という表記が付いた航空券の一部分、または電子航空券の場合は、電子クーポン券を指し、お客様が輸送を利用する権利のある特定の複数の場所が記載されたものを指します。
  • 「FLY-THRU」とは、同じ旅程表に含まれる、または接続時間の要件を満たす単一のPNRに含まれる、乗り換え地点から目的地までの後続のフライトを指します。
  • 「搭乗者」とは、乗務員を除き、当社の同意を得て航空機に搭乗する人または搭乗予定の人を指します(「あなた」および「お客様」「乗客」とも呼ばれます)。
  • 「旅程表」とは、搭乗者の氏名、フライト情報、予約番号、契約条件、および通知を含む、搭乗者に対して発行された文書を指します。
  • 「乳幼児」とは、旅行開始日の時点で生後24カ月未満の搭乗者を指します。
  • 「ルート」とは、出発地の空港から目的地の空港までのフライトを指します。
  • 「座席」とは、当社の航空機の座席を指します。
  • 「航空券」とは、旅程表を意味し、当社または当社の代理店により発行された電子航空券および電子クーポン券、それらに付随する契約条件および通知が含まれます。
  • 「利用規約」とは、これらの運送約款を指します。
  • 「機内持ち込み手荷物」とは、受託手荷物以外のあらゆる手荷物を指し、これには搭乗者により航空機客室内に持ち込まれるすべての物品も含まれます。
  • 「当社」、「我々」、「キャリア」とは、航空券または搭乗券に記載された航空会社指定コードの組織を意味します。
  • 「あなた」、「お客様」とは、乗務員を除く、航空機で輸送されている、またはされる予約のあるすべての搭乗者を指します。
  • 「ウェブサイト」とは、搭乗者がオンライン予約を行い、当社に関する情報にアクセスするために、当社または当社の関連会社が提供するインターネットサイト www.airasia.com を指します。

1.2 見出し: 本利用条件の各条項にある題字や見出しは、便宜上のために過ぎず、本文の解釈に用いることはできません。

適用性

2.1 総則: これらの運送約款は、当社が運航するすべてのフライトに適用され、お客様のフライトに関連して、当社がお客様に対して法的責任を負う場合には常に適用されます。

2.2 運送約款の変更: 適用法で禁止されている場合を除き、安全性、搭乗者の利便性、経済状況、運用上の問題を考慮して、本運送約款、公表される運賃、手数料、料金、フライトスケジュール、ルート、事前予約された製品およびサービスは、事前の通知なしに変更する場合があります。

2.3 言語: 本運送約款の言語は英語です。本運送約款の解釈に使用される唯一の言語は英語です。本運送約款の他言語によるすべてのバージョンは、便宜上および参照目的でのみ翻訳されています。本運送約款の翻訳版との間に矛盾がある場合は、英語版が優先されるものとします。

2.4 優先される法律適用法が適用される場合を除き、本運送約款が優先されるものとします。

旅行/フライト旅行スケジュール

3.1 契約の主な証拠: 旅程は、搭乗者と当社の間で締結された運送契約の主な証拠となるものです。運王は、予約、フライト旅程表、または当社または当社の認定代理店が発行したその他の文書に記載されている搭乗客にのみ提供されます。フライト旅程表は、当社の所有物である場合があります。フライト旅程表に含まれる契約条件は、ここに記載されている条項の一部要約です。

3.2 有効性および譲渡不可: フライト旅程表は、指定された1人または複数の搭乗者および指定されたフライトに対してのみ有効です。フライト旅程表は、第三者に譲渡することはできません。

3.3 身分証明書: 当社は、フライト旅程表に記載された搭乗者のみに輸送を提供します。搭乗者は、チェックイン手続きの際に、適切な身分証明書を提示する必要があります。

運賃

4.1 総則: 運賃は、出発地の空港から目的地の空港までの運送にのみ適用されます。運賃には、特に明記されていない限り、空港間、空港と市中のターミナル間、またはその他の場所での陸上輸送は含まれません。当社は、FLY-THRU便以外の任意の乗継便に搭乗者が間に合わなかった場合、搭乗者の作為または不作為が原因で乗継便に間に合わなかった場合、搭乗者に対して責任を負わないものとします。

4.1.1 FLY-THRUフライトを購入した場合は、旅程表に記載されている順序に従って、出発地から最終目的地まで、当社が決定した任意の通過点を経由して飛行するものとします。

4.2 税金、手数料、および追加料金: 政府、関連当局、または空港当局がサービスまたは施設の使用に対して課す政府の税金、手数料、および追加料金は、公表されている運賃に追加されます。
当社が負担する管理手数料および料金は、適用法が適用される場合を除き、搭乗者が負担するものとします。運賃を含むすべての支払いは、出発予定時刻前に全額支払う必要があります。
こうした税金、手数料、追加料金は随時変更される可能性があり、予約確認日以降に課される可能性があります。その場合でも、予定時刻以前に支払義務が発生した場合は、搭乗者はそのような料金を負担するものとします。
税金、手数料、追加料金/手数料の金額については、料金表を参照してください。

4.3 支払い: 運賃および第4条に記載されている料金を含むすべての関連料金は、予約時に全額支払う必要があります。支払いが全額支払われていない場合、当社はチェックイン前に予約を取り消す、および/または搭乗を拒否する権利を留保します。

4.4 空港税とGST: 空港税と物品サービス税(GST)は空港税のみ払い戻しされます。これは、旅行日から6か月以内に書面で要求された場合にのみ払い戻し可能で、該当する場合、返金には返金処理手数料がかかります。

4.5 通貨: 運賃および料金は、特に明記されていない限り、公表されている運賃を規定されている通貨で支払う必要があります。

4.6 正確性: すべての運賃、価格、フライトスケジュール、公開されたルート、事前予約された製品およびサービスは、公表された時点では正確な情報であり、事前の通知なしに随時変更される場合があります。

4.7: 当社の運賃には、無償提供の機内食および飲料は含まれていません。しかし、食事は出発予定時刻の24時間前までに事前予約するか、機内で購入することができます。すべての文化や宗教的信条を尊重するため、機内への食べ物の持ち込みをお断りしています。

座席の予約

5.1 予約の確認: 座席の予約は、運賃、税金、料金、追加料金、および/またはその他の料金の全額支払い後、予約番号またはフライト旅程表を発行した後に確認されます。一旦確認後、予約を取り消すことはできません。また、以下の場合を除き、支払いは払い戻しされません。

5.1.1 米国発着のフライト(該当する場合): 予約が出発予定時刻の少なくとも7日前に行われた場合に限り、予約を出発予定時刻の24時間前までに取消した場合、全額返金されることがあります。

5.1.2 大韓民国発着のフライト(該当する場合): 払い戻しのリクエストは、eフォームを介して書面で行う必要があります。払い戻しの対象は次のとおりです:

  • 出発予定時刻の91日以上前にリクエストがあった場合、支払額の100%が返金されます。または、
  • 出発予定時刻の61日から90日前までに返金リクエストがあった場合、支払額の90%が返金されます。または、
  • 予定された出発時間から31日と60日の間に払い戻し要求がなされた場合、支払った金額の80%払い戻しまたは
  • 予定された出発時間から3(3)時間と30日の間に払い戻し要求がなされた場合、支払った金額の70%払い戻し。

5.1.3 中国本土発着のフライト(該当する場合): 払い戻し可能な予約が運送約款に従って行われた場合、当社は適用される手数料および税を差し引いた上で、7営業日以内に払い戻しを行います。ただし、返金不可の予約は運送約款に別段の定めがない限り、払い戻しは行われません。

5.2 団体予約: これらは、時折変更される特定の条件に準拠します。詳細は団体デスクまでお問い合わせください。

5.3 フライトの変更: 予約番号が発行されると、フライトの変更には次の条件が適用されます:

5.3.1 エアアジアインド国内線: 出発予定時刻前4時間以内には、あらゆる変更が許可されません。フライト変更手数料および該当する場合の運賃差額は、以下の条件に基づき、出発予定時刻の4時間以上前に行われるフライト変更に適用されます。

  • 元の運賃よりも安い運賃が利用可能な場合、運賃の差額は搭乗者に返金されません。
  • 新しいフライトが元の予約済みフライトよりも高い運賃である場合、運賃および手数料と料金の差額は、フライトの変更を行う前に搭乗者が支払うものとします。
  • 新しいフライトの旅程および/または予約番号を発行するまで、変更は確認されません。
  • ルートの変更は許可されていません。

5.3.2 米国発着のフライト(該当する場合): 出発予定時刻から24時間以内は、変更は許可されません。フライト変更料金と運賃の差額は、以下の条件に基づき、出発予定時刻から24時間以上前のフライト変更に適用されます。

  • 元の運賃よりも安い運賃が利用可能な場合、運賃の差額は搭乗者に返金されません。
  • 新しいフライトが元の予約済みフライトよりも高い運賃である場合、運賃および手数料と料金の差額は、フライトの変更を行う前に搭乗者が支払うものとします。
  • 新しいフライトの旅程および/または予約番号を発行するまで、変更は確認されません。
  • ルートの変更は許可されていません。

5.3.3 他のすべてのフライト: 出発予定時刻の48時間以内の変更は認められません。出発予定時刻の48時間前までにフライトを変更する場合、以下の条件に基づき、フライト変更手数料と運賃の差額が適用されます:

  • 元の運賃よりも安い運賃が利用可能な場合、運賃の差額は搭乗者に返金されません。
  • 新しいフライトが元の予約済みフライトよりも高い運賃である場合、運賃および手数料と料金の差額は、フライトの変更を行う前に搭乗者が支払うものとします。
  • 新しいフライトの旅程および/または予約番号を発行するまで、変更は確認されません。
  • ルートの変更は許可されていません。

5.4 プロモーション運賃: フライト変更規則に関する第5.3条および氏名変更に関する第5.5条は、一部のプロモーション運賃には適用されません。

5.5 氏名の変更: 予約番号の発行後、搭乗者は、確認済みの予約で指定された1人または複数の搭乗者を別の搭乗者または搭乗者の名前に変更することはできません。

5.6 搭乗者名の訂正: 一度予約番号が発行されると、特定の文字数の追加または削除により名前の訂正を行うことが可能です。文字の追加または削除は、氏名訂正料を支払うことにより許可される場合があります。すべての料金の詳細については、当社の「料金と手数料」をご確認ください。名前の訂正には、裏付け書類の確認が必要となりますのでご注意ください。

5.7 個人データ: 搭乗者は、搭乗者の個人データが以下の目的で当社およびグループ会社に提供されることを認め、同意するものとします:

  • 運送の予約を行い、予約の確認を搭乗者に提供する。
  • 補完的サービスと施設の提供と開発。
  • 入国手続きと入国手続きを迅速に行う。
  • クレジットカードまたはその他の支払いカードの有効性を確認する。
  • セキュリティ、管理、法律上の目的。

これらの目的のために、搭乗者は当社と契約条件を締結することにより、データの受領者が個人データを保持および使用し、それを当社のオフィス、グループ会社のオフィス、代理店、第三者である関連事業者、政府機関、その他の運送業者、および目的地、または出発地、通過地、または乗り換え場所にある上記のサービス提供者に送信することを許可します。搭乗者の個人データの取り扱いに関する詳細な条件については、プライバシーポリシーを参照してください。

5.7 座席: 当社は航空機内に特定の座席を提供することを保証せず、搭乗者は、割り当てられている可能性のある、または利用可能な座席を受け入れることに同意します。搭乗者にはチェックイン時に座席が割り当てられます。運航、安全、健康、セキュリティ上の理由から、当社は航空機の搭乗後を含め、いつでも座席を再割り当てする権利を留保します。搭乗者は、追加料金を支払うことなく、および/または年齢基準を満たすことなく、より高額の座席に移動することはできません。

5.8.1 事前座席指定(ASR): 空席状況に応じて、搭乗者は出発予定時刻の前に事前座席指定(ASR)の料金を支払うことができます。ASRの料金については、料金表を参照してください。ASRを購入された場合でも、当社は搭乗後に、いつでも座席を割り当てたり、再割り当てしたりする権利を留保します。運航、安全、またはセキュリティ上の理由から必要になる場合があるためです。通路側、窓側、出口列、またはその他の種類の座席のいずれの場合でも、特定の座席の再割り当てを保証するものではありませんが、当社は有料座席の割り当てを尊重できるよう合理的な努力をします。搭乗者は、航空機への搭乗時に、追加料金を支払うことなく、より高額の座席に移動することはできません。

5.8.2 フライトの不規則性:ASR: 搭乗者が第5.8.1条に従って座席の予約に成功した後、予約されたフライトが遅延、キャンセル、または何らかの理由でスケジュールに変更があった場合に提供されるオプションは、以下のいずれかです:

  • 次に利用可能なフライトにて同じ座席で搭乗者を輸送する。または
  • 次に利用可能なフライトにて同等の価値を持つ座席で搭乗者を輸送する。または
  • 次に利用可能なフライトにて無作為に選ばれた座席で搭乗者を輸送する。この場合は、ASR料金を搭乗者に返金する。

本第5.8.2条に概説されているオプションは、適用法によって別段の定めがない限り、利用可能になる唯一かつ排他的な救済策です。

オプション

6.1 機内販売商品: 機内販売商品、サービス、または宣伝されているプログラムの提供は、提供数量に限りがあります。機内販売商品またはサービスは、購入後の返金および譲渡はできません。定期便の出発予定時刻から24時間以内の機内販売商品やサービスの予約や変更は承ることはできません。当社は、事前の通知なく機内販売商品またはサービスの料金の改正・変更する権利、ならびに当該商品・サービスの一部や内容などを代替物にかえる権利を有します。搭乗券は事前予約された機内販売商品またはサービスの購入を証明するものであるため、事前予約した機内販売商品・サービスを受け取るために搭乗員に当該搭乗券を提示する必要があります。搭乗者が事前に予約した機内販売商品またはサービスに対して提示された、すべての価格および割引率は、予約時点の値を有効なものとします。

6.2 機内食: 機内食のセレクションは随時変更される場合があります。米国および大阪発着のフライトの出発予定時刻の48時間以内、およびその他のすべてのフライトの出発予定時刻の24時間以内の機内食のご予約または変更は、承ることができません。当社は、事前の通知なしに、予約された食事の価格を修正/変更し、予約された機内食の任意の一部を、在庫状況および/または航空機の適合性に応じて同様の価値のあるアイテムに変更する権利を留保します。搭乗券は、機内食の予約購入を証明するものであり、搭乗中に乗務員に提示する必要があります。搭乗者が予約した機内食対して提示された、すべての価格および割引率は、予約時点の値を有効なものとします。機内食にはナッツ類、乳製品、および/またはグルテンが含まれる場合があります。エアアジアはナッツのない環境を提供しておりません。機内で購入した食事や軽食、および他の搭乗者が機内に持ち込む食品にナッツが含まれている場合があります。

6.2.1 フライトの不規則性:予約された機内食: 搭乗者が第6.2条に従って機内食の予約に成功し、予約されたフライトが遅延、キャンセル、または何らかの理由でスケジュールが変更された場合、当社は予約された機内食が必ず提供されることを保証することはできませんが、購入時の選択を尊重するために最善を尽くします。当社は、事前の通知なしに、予約した機内食の構成要素を、在庫状況や航空機の適合性に応じて、同様の価値のある品目に置き換える権利を留保します。

6.3 旅行保険: お客様に対する当社の責任は限定的であるため、以下に対応するために旅行保険を購入されるようお勧めします。

  • 渡航計画の変更や渡航のキャンセル
  • 手荷物および/または所有物の紛失、遅延、損傷
  • 出発空港と到着空港で緊急事態が発生した場合の、救急医療に伴う費用や医療費

6.4: エクスプレス受託手荷物 (手荷物優先サービス)、エクストラ機内持ち込み手荷物(機内持ち込み手荷物重量追加枠)などのオプションサービスは、当社の料金表に従って請求されます (すべての料金の詳細は、当社の料金表をご確認ください)。

チェックインおよびその他の輸送要件

7.1.1 マレーシア国内の空港でのチェックイン

2022年4月1日より、免除対象の搭乗者(以下に記載)に限り、チェックインカウンターでのチェックインが可能です。他のすべての搭乗者は、airasia スーパーアプリを介して、非接触でチェックインする必要があります。免除対象の搭乗者は以下のとおりです:

  • 70歳以上の高齢者
  • マレーシア軍および政府の令状に基づいて行われた予約
  • チャーター便の搭乗者
  • セルフチェックイン済みの搭乗者で、空港の規則や規制により搭乗券の再印刷が必要な方
  • 障がい者 (OKU) カードをお持ちの搭乗者
  • 10名様以上の団体予約
  • お一人でご搭乗のお子様(YPTA:12〜16歳)
  • 直前のスケジュール変更およびフライトキャンセル/欠航により影響を受けた搭乗者
  • チェックインカウンターで座席のアップグレードやオプションを購入される搭乗者
  • チェックイン締切時刻を過ぎて、直前で航空券を購入された搭乗者
  • airasia スーパーアプリ、ウェブサイト、キオスクのシステム障害により、影響を受けた搭乗者
  • セルフチェックイン時に座席が割り当てられなかった搭乗者
  • 航空会社がカウンターで旅行書類を確認する必要がある搭乗者
  • 法人向けフルフレックス、プレミアムフレックス搭乗者

カウンターでのチェックインサービスは、除外免除対象の搭乗者のみとさせていただきます。上記に該当しないお客様は、お支払いの場合であってもカウンターサービスをご利用いただけません。

7.1.2 チェックイン期限

7.1.2.1 チェックインカウンター(該当する場合): 当社のチェックインカウンターの受付開始時間は以下のとおりです。

  • 国内線:出発予定時刻の2時間前
  • 国際短距離便:出発予定時刻の3時間前
  • 国際長距離便:出発予定時刻の4時間前

当社のチェックインカウンターの受付終了時間は以下の通りです。

  • 国内線:出発予定時刻の45分前
  • 国際短距離および長距離便:出発予定時刻の60分前
  • KLIA2:全便で出発予定時刻の60分前

7.1.2.2 airasia スーパーアプリでのチェックイン: airasia スーパーアプリでのチェックインは、出発日の14日前から可能です。airasia スーパーアプリでのチェックインは、短距離路線は出発時刻の60分前、長距離路線は出発時刻の4時間前に締め切られます。

国内線および短距離便: AK、FD、QZ、Z2、I5

国際長距離便: D7、XJ

チェックインの締め切りは、空港や特定のフライトによって異なる場合があります。チェックインの締め切り時間を確実に遵守することは、搭乗者の責任です。上記の期限までにチェックインしなかった場合、チェックインは拒否され、予約は返金されません。.

7.1.2.3 セルフチェックイン: 当社の、airasia スーパーアプリを使った、セルフチェックインを提供しています。当社ウェブサイトおよび airasia スーパーアプリでご利用いただけ、特定の条件および制限に従い、チェックイン後の変更を可能にします。airasia スーパーアプリを使ったセルフチェックインは、短距離路線は出発時刻の60分前、長距離路線は出発時刻の4時間前に締め切られます。

7.1.3 座席の利用不可性: 業界の慣行に従い、予約が確認された場合でも、座席を利用できない可能性があります。そのような場合、当社は、当社の選択により、および/または適用法に従い、以下を提供するものとします:

  • 不随意フライト変更:利用できる最も早い後続便にて、追加料金なしで当該搭乗者を輸送、または当該搭乗者の予約の有効期限を延長。または、
  • クレジットアカウント:搭乗者が3か月以内に再予約する必要がある場合に限り、将来の渡航のために予約金額分のクレジットをクレジットアカウントに保持。または、
  • 返金:予約金額を元の支払い方法に返金します。

7.2.1 搭乗 搭乗ゲートは、出発予定時刻の20分前に閉まります。この時間までに到着しなかった場合、搭乗は拒否され、予約に対する返金はされません。

7.2.2 ゾーン搭乗: 搭乗はゾーンごとに開始されます。優先搭乗はゾーン1の搭乗券をお持ちのお客様に付与されます。

7.3 遵守 搭乗者は、出発国・経由国・到着国の適用法、規制、条例、要請および要求事項、ならびに当社の利用規約またはそれに関連して当社が提供するその他の通知および指示を遵守する責任を単独で負うものとします。当社は、口頭または書面またはその他の方法で与えられたかどうかにかかわらず、必要な文書の入手またはそのような法律、規制、条例、要請、通知、要求事項または指示の遵守に関連して、必要とされる文書を入手しなかった、またはそのような法律、規制、条例、要請、通知、要求、または指示に従わなかったことが原因で搭乗者に生じるその結果について、いかなる責任も負わないものとします。

7.4 旅行書類: 搭乗者は出発国・経由国・到着国の法律、規制、条例、要請、要件で必要とされる、出入国書類、健康に関する書類、およびその他の書類すべてを取得する義務があり、これらの書類を携行し、関係当局から要求された場合にはいつでも呈示できるようにしなくてはなりません。また、旅行書類に目的地の入国要件を満たす十分なページ数があることを確認する責任もあります。当社は、適用される法律、規制、命令、要請、または要求に準拠していない、または準拠していないと思われる搭乗者の輸送を拒否する権利を留保します。一部の空港を経由する搭乗者は、手荷物を受け取り、次のフライトのために再度チェックインするために入国審査が必要になるため、ビザが必要になる場合があります。経由の許可に必要なビザが取得されていることを確認するのは搭乗者の責任です。

7.5 書類に関する注意

国内線: 大人は、すべての国内線について、次のいずれかの書類の原本を提示する必要があります。

  1. マレーシアの身分証明書原本(MyKad/ MyKid /MyTentera /MyPR/ MyKAS)および、National Registration Department of Malaysia発行の仮証明書
  2. マレーシア政府機関職員カード原本(PDRM/ SPRM/ ATM)
  3. 出生証明書原本(National Registration Department発行)
  4. マレーシア外務省発行のカード原本(Diplomatic/ Non Diplomatic/ Consular/ International Organisation)
  5. パスポート原本
  6. マレーシア入国管理局発行の学生証原本(外国籍の場合) およびパスポート原本
  7. マレーシア議員身分証明書原本
  8. UNHCR身分証明書原本
  9. 警察発行の証明書原本 - (発行後24時間有効)
サバ州とサラワク州への国内線の場合、上記アイテム (i) から(vii) のみを受け付けることができます。

サバ州またはサラワク州に渡航されるマレーシア国籍の未成年者:12歳未満のお子様は搭乗手続きの際に、出生証明書原本、身分証明書原本、または養子縁組証明書 (養子縁組証明書はNational Registration Department of Malaysia規定のものとします) を提示する必要があります。12歳以上のお子様は、出生証明書原本または身分証明書を提示する必要があります。

さらに、サバ州とサラワク州(渡航書類は上記に規定)以外に渡航するマレーシア国籍の未成年者は、搭乗の際に、出生証明書原本、パスポート、または身分証明書**が必要です。

国際線: すべての搭乗者は、有効なパスポート原本、有効なビザ、確認済みの往路/復路の予約を所持し、最終目的地の入国要件を満たしている必要があります。

7.6 入国拒否: 経由地または目的地を問わず、搭乗者の入国が認められず、政府または入国管理局の命令により、当社が当該搭乗者を出発地またはその他の地点に送り返さなくてはならなくなった場合は、当該搭乗者は該当する運賃、および/または違約金・罰金を支払うものとします。

7.7 罰金、拘留費用、医療費などを課された搭乗者: 搭乗者が、出発国・経由国・到着国の法律・規制・命令・要求・またはその他の渡航要件に違反したことにより、または必要な書類を提示できなかったことにより、当社が罰金・違約金の支払いまたはその手付金の支払いを求められた場合、あるいは出費を被った場合、搭乗者は当社の求めに応じて、当社が支払った金額、または支払い予定の金額を当社に払い戻す必要があります。当社は、搭乗者の未使用の輸送料金、または当社から搭乗者に支払う予定の資金を、当該支払いまたは出費に充当する場合があります。

7.8 保安検査と健康検査: 搭乗者は、政府および/または空港職員または当社による保安検査を受けるものとします。搭乗者が保安検査の遵守を拒否した場合、適用法または本運送約款に別段の定めがない限り、運賃の返金および搭乗者に対するその他の責任を負うことなく、搭乗客および手荷物の運送を拒否します。また、搭乗者、政府および/または空港職員によって実施される可能性のある健康検査に応じるものとします。

運送の拒否と制限

8.1 運送を拒否する権利: 適用法で義務付けられている場合を除き、安全上の理由から、または合理的な裁量により次のように判断した場合、当社は搭乗客またはその受託手荷物または機内持ち込み手荷物の運送を拒否することがあります。

  • 安全上または保安上の理由から必要と判断した場合。
  • 出発国(州)・経由国(州)・到着国(州)の適用法・規制・または条例の遵守のために必要だと判断した場合。
  • 搭乗者の行動・立場・年齢、また精神・身体状態、あるいは当該搭乗者の受託手荷物/持ち込み手荷物の物理的状態が次のような状態だと判断した場合:
    1. 他の搭乗者や当社乗務員に危害をもたらす十分な恐れがある、または
    2. 搭乗者または受託手荷物/持ち込み手荷物が本人や他人を危険に晒す、または危害を加える可能性がある、または財産を破損したりする可能性がある。
  • 搭乗者が以前に機内で問題行動をとり、今回も同じような行動が繰り返される恐れが十分ある場合。
  • 搭乗者が当社の指示に従わない、あるいは従わない可能性がある場合。
  • 搭乗者が保安検査を拒否した場合。
  • 該当する運賃、料金、または税金が支払われていない場合。
  • 搭乗者が不正な方法で運賃を支払った場合。
  • 搭乗者が渡航に必要な適切な書類を携行していない場合(破損した渡航書類は適切な書類として受け入れられません)。
  • 搭乗者が不正または違法な方法で座席を予約した、もしくは当社が認可していない人物から座席を購買した場合。
  • 支払いしようされたクレジットカードが紛失届または盗難届が出されている場合。
  • 旅程表、予約、または電子航空券が偽造されたもの、またはそれらが不正に取得されたものである場合。
  • 当社または当社認定代理店以外の者により旅程表に変更が加えられている、あるいは旅程表が切断されている場合(この場合は、当社が当該旅程表を保持する権利を留保します)。および/または
  • チェックインする、または機内に搭乗する人が、旅程表に示されている搭乗者であることを証明できなかった場合(この場合、当社は当該旅程表を保持する権利を留保します)。
  • 搭乗者が当社スタッフに暴力を振るったり、脅迫したり、カウンターで騒動を引き起こしたり、身体的または口頭でスタッフを虐待した、または当社の判断で虐待したとみられる場合、搭乗者はアルコールまたは他の物質の影響下にあり、渡航に不適合である場合。
  • 政府またはその他の当局により、搭乗者が航空機にチェックインまたは搭乗することが禁止されている場合。

8.2 乳幼児

8.2.1 生後8日以下の乳幼児: 当社は、生後8日以下の乳幼児を輸送しない権利を留保します。輸送認可の旨を医師が明記した書面による証書があり、かつ当該乳幼児の父親または母親が有限責任の声明文に署名した場合に限り、当社の絶対的な裁量により、当該乳幼児の輸送が許可される場合があります。乳幼児料金については、料金表をご覧ください。
ベビーカー/バギーは無料で輸送されますが、乳幼児には手荷物許容量はありません。

8.2.2 (最初の往路便の出発日の時点で)生後9日から2歳未満の乳幼児: 乳幼児が、大人の膝の上に座る場合、次の条件で利用することができます。大人1名につき乳幼児1名のみが許可されています。ベビーカーは機内に持ち込むことができません。安全上の規制により、1便あたりの乳幼児の人数には限りがあるため、乳幼児の同伴を希望される場合でも対応できないことがあります。乳幼児料金については、料金表をご覧ください。

8.3 同伴者のいない未成年者: 12歳未満のお子様は、18歳以上の成人が同伴しない限り、輸送は認められません。
12歳以上16歳未満のお子様は、親または保護者がチェックイン時に有限責任声明に署名した場合にのみ、輸送が認められます。

8.4 妊娠中のお客様: 妊娠中のお客様は、座席の予約時およびチェックインカウンターで妊娠の進行状況を通知する義務があります。妊娠中のお客様の輸送には、次の条件が適用されます:

  1. 妊娠27週間まで(27週目を含む):搭乗者は、米国発着便を除き(該当する場合)チェックイン時に、有限責任声明に署名して、航空機の利用に関連して生じる一切の責任から当社を免除する必要があります。
  2. 妊娠28週目から34週まで(34週目を含む):
    • 搭乗者は、承認された医師の診断書を提出する必要があります。
    • 医師の診断書は妊娠の週数を確認する記載があり、証明書の発行日付は、場合によっては、予定された往路または予定された復路の出発日から30日以内でなければなりません。
    • 搭乗者は、チェックイン時に米国発着のフライト(該当する場合)を除き、有限責任声明に署名して、航空機の利用に関連して生じる一切の責任から当社を免除する必要があります。
  3. 妊娠35週目以降:当社運航便での輸送は認められていません。

8.5 対麻痺および四肢麻痺のお客様

8.5.1 : 安全上の理由により、運送業者はその裁量で特別な介助の必要性を考慮し、任意の人数の対麻痺および四肢麻痺の搭乗者を輸送ができるものとしますが、四肢麻痺の搭乗者は1便あたり最大2人までに制限されています。特定の状況下では、搭乗者が同伴者と一緒に渡航するよう求められる場合があります。第8.5.6条(同伴者との渡航)を参照してください。

8.5.2 モビリティデバイス: 以下の第8.5.5条に従い、当社の運航便はモビリティデバイス(バッテリー駆動の移動装置を含む)を受け入れます。搭乗者は、バッテリー駆動のモビリティデバイスの輸送の手配をするために、出発予定時刻の少なくとも48時間前に当社に連絡する必要があります。通知を怠った場合、モビリティデバイスの輸送が拒否される場合があります。モビリティデバイスの輸送に関する詳細情報は、当社ウェブサイト https://support.airasia.com/s/article/How-will-my-wheelchair-mobility-device-be-transported?language=jaを参照してください。また、第9.5.2条も併せてご確認ください。

8.5.3 医薬品: 薬/注射器の投与または携帯が必要な場合を含む病状/病気の搭乗者は、必要な特別支援を手配するために、出発予定時刻の少なくとも48時間前に当社に連絡する必要があります。

8.5.4 病状と病気: 当社が別途決定しない限り、病状/病気のある搭乗者は、渡航日から10日以内の日付の有効な診断書を作成し、チェックイン時に有限責任声明に署名する必要があります。他の搭乗者の安全のために、当社は独自の裁量により、感染症、伝染病、または慢性疾患に苦しむ搭乗客を拒否する権利を留保します。

8.5.4.1 米国発着便(該当する場合): 搭乗者は、次の条件を満たす場合に限り、渡航日の10日前までの日付の有効な診断書を作成する必要があります。

  • 運航中に特別な医療援助を必要とせずに、個人が安全に渡航を完了することに合理的な疑いがあるような病状の搭乗客。または、
  • 航空中に客室内の他の搭乗客に感染する可能性があり、直接的な脅威(水痘、はしか、おたふく風邪、風疹、結核、百日咳を含む)を呈する伝染病または感染症にり患している搭乗者は、客室環境内の他の搭乗者に対する感染力がないことを確認する医療証明書を提示する必要があります。

8.5.5 車いす: 車いすサービスを必要とするお客様は、予約時、または定期便の出発時刻の少なくとも4時間前に、「予約の管理(Manage My Booking)」から車いすサービスを予約する必要があります。当社への通知を怠ると、空港到着時に特別な支援や車いすサービスが利用できなくなり、適用法で義務付けられている場合を除き、輸送が拒否される可能性があります。健康と安全上の理由から、特定の要件のある搭乗者は空港でチェックインする必要があります。

8.5.6 同伴者との渡航: 次の場合、お身体の不自由な/病状のお客様は同伴者との渡航が必要になる場合があります:

  • 適用法の下での安全確保ために不可欠である場合。
  • 行動能力の制限により、搭乗者は航空機から自力で避難することができない場合。または
  • 搭乗者が安全指示を理解したり、適切に対応したりすることができない場合。

8.5.7 座席:適用法に従い、当社は特定の要件を持つ搭乗者のために合理的な座席をご用意します。当社は、運航、安全、健康または保安上の理由から必要となる可能性があるため、航空機の搭乗後を含め、いつでも座席を再割り当てを行う権利を留保します。

8.5.8 介助動物: AirAsia Indiaの国内線をご利用の場合を除き、エアアジア全便で介助動物を受け入れることはできません。機内の介助動物の受け入れは、条件付き搭乗受付の対象となります。搭乗者は、介助動物の輸送の手配をするために、出発予定時刻の少なくとも48時間前に当社に連絡する必要があります。

8.6 搭乗者の安全とマスク着用: 運送業者は、搭乗者と従業員にとって常に健康で安全な環境を確保するため、最も安全な旅行方針を保持するよう努めています。そこで、空港内や航空機内では、飲食物を摂取している間を除き、すべての搭乗者にマスクの着用が義務付けられています。当要件に従わない者は、搭乗エリアへの入場拒否および/またはフライトからの退去を命じられ、当該事象の発生日から12ヶ月以上、運送業者による旅行を認められません。

手荷物

9.1 受託手荷物または機内持ち込み手荷物として受け入れられない物品: 当社は以下に挙げる手荷物または手荷物内の物品の輸送を拒否する権利を留保します。

  • 通常の配慮と扱いで安全な輸送を確保できるようスーツケースやほかの適切な容器にしっかりと収められていない物品。
  • 航空機、機内の人や財産を危険にさらす恐れのある物品および/または 国際民間航空機関(ICAO)、国際航空運送協会(IATA)の危険物規則または当社の利用規約、運送約款およびその他の現地民間航空当局の規制により危険物と定義されている物品。
  • 出発国(州)・経由国(州)・到着国(州)の準拠法・規制・条例によって輸送が禁止されている物品。
  • 催涙ガス、唐辛子スプレーなどの刺激性または無力化物質を含む物品。
  • 当社の合理的な見解で、その重量、形状、サイズ、または特性のために輸送に適さないと判断される物品。ドリアン、ジャックフルーツ、その他の刺激的な匂いの果物は許可されていませんのでご注意ください。
  • 無炎加熱機能を備えた自己発熱型の食品と飲料。
  • 壊れやすい物品、または腐りやすい物品。
  • 生きている、または死んでいる動物。
  • 生きている植物。
  • 人または動物の死体。
  • 生または冷凍の魚介類またはその他の肉。ただし、適切に梱包されていることが確認された場合に限り、手荷物として機内に持ち込むことができます。関係当局による内容物の検査後、乾燥食品/非生鮮食品が発泡スチロールおよび/またはクーラーボックスに入っている場合のみチェックインできます。搭乗客が検査を拒否した場合、当社は手荷物の持ち込みを拒否する権利を有します。
  • 一部の航路および特別な状況を除き、銃および弾薬。
  • 爆発物、可燃性または不燃性ガス(エアロゾル塗料、ブタンガス、ライターのリフィルなど)冷凍ガス(潜水用呼吸器シリンダー、液体窒素など)、可燃性液体(塗料、シンナー、溶剤など)可燃性固体(マッチ、ライターなど)、有機過酸化物(樹脂など)、毒物、感染性物質(ウイルス、細菌など)、放射性物質(ラジウムなど)腐食性物質(酸、アルカリ、水銀、温度計など)、磁性物質、酸化促進物質(漂白剤など)、電子タバコ。
  • 骨董品の銃、刀、ナイフなどの武器および類似の物品。ただし、極めて特別な理由がある場合に、当社の絶対的な裁量により、受託手荷物として許可される場合があります。これらは、いかなる理由であれ、航空機内に持ち込むことはできません。

9.2 貴重で壊れやすい物品: こうした物品を受託手荷物としてチェックインすることがないよう強く推奨されます。もしこれらの物品を受託手荷物として預けた場合、搭乗者は自己責任で受託したことに同意します。こうした物品には金銭、宝飾品、貴金属、銀製品、電子機器、コンピューター、カメラ、ビデオ機器、換金性の高い書類、有価証券またはその他の貴重品、パスポートおよびその他の身分証明書、証書、芸術作品、原稿などが含まれます。

9.3 検査をする権利: 安全上と治安上の理由から、当社は、搭乗者または手荷物に対してX線検査、その他の方法による検査を搭乗者に求める場合があります。搭乗者が預け入れ不可能もしくは禁止された物品を所有しているかどうか、または手荷物の中に当該物品が含まれているかどうかを調べるため、当社は、搭乗者が側にいない場合でもその立ち会いなく当該手荷物を検査する権利を留保します。搭乗者がそのような検査またはスキャンに従うことを拒否した場合、当社は搭乗者への運賃の返金およびその他の責任を負うことなく、搭乗者および手荷物の輸送を拒否する権利を留保します。検査または調査により、搭乗者が怪我を負った場合、またはその手荷物が破損した場合、当社に過失や職務怠慢がある場合を除き、怪我や破損に対して当社は責任を負いません。到着空港と出発空港の両方で税関または保安検査によって損傷したロックについて当社は責任を負いません。

9.4 受託手荷物の引き渡し: 受託手荷物が当社に引き渡されると、当社はそれを保管し、受託手荷物ごとに手荷物識別タグを発行します。受託手荷物には、持ち主の氏名またはその他の個人識別情報がしっかりと貼付けされている必要があります。受託手荷物は、安全、保安、または運航上の理由で別のフライトで運ぶことを決定しない限り、搭乗者と同じ航空機で運ばれます。受託手荷物が後続のフライトで運ばれる場合、当社は手荷物引き渡しの手配を搭乗者と行います。この点に関して、適用法により、通関手続きのために立ち会うことが義務付けられている場合があります。

9.5 受託手荷物: 受託手荷物の輸送には手荷物料金が請求されます。予約時または出発予定時刻の4時間前までに購入した場合は、割引料金が適用されます。空港チェックインカウンターで購入された場合には、割引なしの料金が適用されます。AirAsiaXのプレミアムフラットベッドキャビンを利用する搭乗者には、40kgの無料受託手荷物許容量が付与されます。すべての国内線および国際線を利用する搭乗者は、それぞれ15kgおよび20kgを該当料金で購入できます。米国発着便の搭乗者は、最大2個まで20kgまでの受託手荷物許容量を購入できます。予約時または出発予定時刻の4時間前までに購入した場合は、割引料金が適用されます。空港チェックインカウンターで購入された場合には、割引なしの料金が適用されます。2個以上の受託手荷物がある場合、および/または1個あたりの重量が20kgを超える手荷物には、出発日の空港チェックインカウンターで超過手荷物料金が発生します。すべての料金の詳細については、料金表を参照してください。超過料金は返金および譲渡できません。

予約した受託手荷物量を超える手荷物を受託する搭乗者は、出発日に空港チェックインカウンターでキログラムごとに課金されます。すべての料金の詳細については、料金表を参照してください。以下の場合を除き、料金は返金および譲渡できません。(a)第10.2条(a)に基づいて搭乗者は別のフライトにルート変更されたが、購入した超過手荷物サービスを受けていない。 (b)第10.2条(b)に基づいて、超過手荷物サービスに支払われた価格を含むクレジットが当社から提供された、または(c)第10.2条(c)に基づいて当社から返金処理が実行された。

9.5.2 ベビーカー/乳母車、手動車いす、モビリティデバイス、歩行補助具: これらの物品が旅行の一部の中で搭乗者によって使用され、運送約款に規定に応じて当社に通知されている場合、無料で輸送されます。

モビリティデバイスおよび車いすの許容重量は85kgです。

モビリティデバイス(バッテリー駆動の車いすを含む)が航空機の貨物ドア(寸法:140cm(縦)x 140cm(横)x 100cm(奥行))に収まらない場合、またはその他の地域の職業上の健康、安全、および/または規制上の理由により、当社の航空機に搭載することができない場合、モビリティデバイスを別の輸送手段で輸送するよう事前に手配することをお勧めします。

9.5.3 未使用の受託手荷物許容量: 同じ旅程で渡航しない限り、搭乗者は他の搭乗者の未使用の受託手荷物許容量を使用することはできません。同じ旅程で予約された渡航しない搭乗者は、未使用の受託手荷物量を同じ旅程の他の搭乗者に譲渡することはできません。健康と安全上の理由から、航空会社は1個あたり重量が32kgを以上で、縦81cm、横119cm、奥行き119cmを超える寸法の物品を受け付けませんこの重量制限は、モビリティデバイスには適用されません。

9.5.4 スポーツ用品: 料金表に記載されている料金を支払い、搭乗者の責任の下、航空機の貨物室で輸送することができます。そのため、そうした物品に必要な保険を購入することをお勧めします。75kg以内であれば、機内持ち込み手荷物の寸法を超える楽器は、楽器のための座席を購入し、適切な運賃をお支払いいただくことで機内に持ち込むことができます。楽器の輸送のために購入された追加の座席には手荷物許容量はありません。

9.5.5 FLY-THRU: 超過手荷物および/またはその他の関連する料金は、出発地で両方のセクターに支払う必要があります。

9.6 機内持ち込み手荷物: (乳幼児を除く)搭乗者は、1人あたり2個の手荷物を機内に持ち込むことができます。機内持ち込み手荷物は、キャビンバッグまたはラップトップバッグまたはハンドバッグまたはスモールバッグのいずれか2つの組み合わせとします。機内持ち込み手荷物2個の重量は合計で7kgを超えてはなりません。機内持ち込み手荷物は、それぞれ56cm X 36cm X23cmおよび30cmx 40cm x10cmの寸法を超えてはなりません。
機内持ち込み手荷物は、前の座席の下、または機内の収納コンパートメントに収まる必要があります。

重量やサイズの超過した手荷物、または他者に不快感をもたらす性質の手荷物は機内に持ち込むことはできません。第9.5条に従って、空港のチェックインカウンターで受託手荷物としてチェックインすることをお勧めします。当社は上記のような手荷物を搭乗時に搭乗口で受託手荷物としてチェックインする権利を留保します。その際には、搭乗口手荷物料金が課せられ、搭乗口にて料金をお支払いいただく必要があります(料金表を参照してください)。

9.6.1 子供用のコンバーチブル機内ベッド: 以下の条件が満たされている限り、子供用の機内ベッドに変換できる旅行用品を機内で使用できます。

  • コンバーチブル機内ベッドは、窓際の座席でのみ使用可能です。
  • また、座席間の間隔に適合している必要があります(28インチ & 29インチ、71.12cm & 73.66cmに相当)。座席間の間隔を超える場合、使用は許可されておらず、頭上の収納庫または前の座席の下にしっかりと収納する必要があります。
  • 使用時:
    1. コンバーチブル機内ベッドは座席(間隔と幅)に適合し、適切に固定されている必要があります
    2. 2歳未満の乳幼児はこれらの機内ベッドを使用することは許可されていません
    3. 子供は前向きに座り、シートベルトを腕の下に固定する必要があります
    4. 非常口の列では使用してはなりません
    5. 前の座席のリクライニングを妨げてはなりません
    6. 個数、重量、寸法に関する機内持ち込み手荷物の規定を満たしている必要があります
    7. 航空機の停留中、離陸時、着陸時、およびPICから指示された時はいつでも頭上の収納庫または前の座席の下にしっかりと収納する必要があります
    8. ハンモック/インフレータブルマットレスタイプは許可されていません

9.6.2 液体、エアロゾール、およびジェル: 適用される現地の法律および規制に従い、搭乗者は次の制限を満たしている場合に限り、機内持ち込み手荷物に液体を入れることができます:

  1. 液体が最大容量100mlの容器に入っている場合
  2. それぞれ最大容量100mlの液体容器は、透明で再封可能な1リットルのビニール袋に適度な余裕をもって収納することが可能な場合。

ビニール袋は、保安検査場で個別に提示する必要があります。上記の要件を満たしていない液体は、廃棄が必要になる場合があります。

9.6.3 空港の保安要員によって除外された搭乗者の物品: 国際的規制または政府の規制のいずれによる対応である場合でも、空港の保安要員によって搭乗者または搭乗者の手荷物から除外された物品について、当社は責任を負いません。そのような物品は、その後、空港の保安要員によって保持または破棄されるか、空港の保安要員から当社に引き渡されます。

9.7 航空機の重量制限: 航空機の重量制限を超える場合は、当社の裁量により、本運送約款の第9条および適用法の規定に従い、輸送する物品を決定します。

9.8 手荷物の回収と引き渡し: 搭乗者は目的地での収集が可能になり次第、手荷物を収集するものとします。合理的な時間内に回収せず、手荷物を当社の敷地内に保管する必要がある場合、保管料金を請求する場合があります。受託手荷物が回収可能になってから1カ月以内に回収の申し出がない場合、当社は搭乗者に一切の責任を負うことなく当該手荷物を処分する場合があります。手荷物の受託時に搭乗者に渡された手荷物識別票(タグ)の所持者のみが、手荷物の引き渡しを受ける権利があります。手荷物の引き取りを要求する人物が手荷物を識別するための手荷物識別票(タグ)を提示できない場合、当社は、その人物が当社が十分だと判断するに足る権利を確立したことを条件に、その人物に手荷物を引き渡しします。手荷物の引き渡しを受けた人物は、引き渡しの結果として当社が被る可能性のある損失、損害、または費用を当社に補償するための適切な保証金をが提供するものとします。手荷物識別票(タグ)の所持者が手荷物引き渡しの時点で、異議を唱えることなく手荷物を受領することは、すなわち、当該手荷物が良好な状態であり、かつ、当社と搭乗者間の輸送契約に則って引き渡しされたものと推定されます。

9.9 間違った手荷物を受け取った場合: 手荷物カルーセルから間違った手荷物またはその他の手荷物を取った場合、そのバッグまたは手荷物を、手荷物を回収した空港の手荷物受取担当者または空港管理者に自己負担で直ちに返却するのは搭乗者の責任です。また、正当な所有者にバッグを配送するために発生する配送費用も搭乗者の負担となります。

スケジュール、キャンセル

10.1 スケジュール: 当社は、搭乗者およびその手荷物の輸送に遅延が発生しないように最善を尽くします。当社は、出発日に有効な公表されたスケジュールを守るように努めます。ただし、時刻表やスケジュールなどに記載されている時間は、随時変更される可能性があります。当社は、予定されていたフライトの欠航、または30分以上の遅延が生じた場合など、当該フライトの運航状況に変更があった際には、可能な限り速やかにお客様に通知するものとします。このような変更の結果として搭乗者が被った損失について、当社はいかなる責任も負いません。

10.2 キャンセル、スケジュールの変更: 予約完了後、当社が管理不能な事態、航空保安上の理由、または商業上の理由により、フライト予約の変更、欠航、発着地の変更、順延、スケジュール変更および/または遅延が生じる場合があります。そのような状況が発生した場合、当社は、当社の裁量により、以下のいずれか、またはその時点で公開されている可能性のあるその他のオプションを提供するか、適用法の規定に従った措置を講じます:

  1. その時点で一番早い、空席のある別のフライトを追加料金無しでご利用いただきます。必要な場合は、お客様の予約の有効期限を延長します。または、
  2. 別の機会に渡航することを選択した場合、お客様との契約条件に記載されている期間内に再予約する必要がありますが、将来の旅行のために運賃の価値をクレジット口座に保持します。クレジット口座の有効性は、お客様が当社と一緒に保有している、または保有する予定のアカウントにクレジットが入金された日から始まります。
  3. フライトのキャンセル、遅延、および/またはスケジュールの変更が元の出発予定時刻の3時間以上前または後に発生したために旅行を続行しないことを選択した場合は、運賃の金額を銀行口座またはクレジットカードまたはデビットカードに返金します。誤解を避けるために述べると、搭乗者がフライトに受け入れられなかった可能性のある出発日に空港でフライトが遅延、キャンセル、および/またはスケジュール変更された場合、払い戻しは行われません。

10.2.1 FLY-THRU: フライトの遅延またはキャンセル/スケジュール変更により、確認済みの予約があるFLY-THRUフライトを逃した場合、搭乗者には以下の権利があります:

出発地でフライトが遅延した場合: 当社の乗り継ぎ時間枠で次にご利用可能な最終到着地行きフライト乗り継ぎ便へ無料で変更。

新しいフライトが乗り継ぎ時間に間に合わない場合、または次の利用可能なフライトが翌日に当たる場合、以下は提供されません:

  • 休憩用または1泊分の宿
  • 陸上移動手段
  • 受託手荷物の保管経由地で手荷物を受け取り、次のフライトのために再チェックインする必要があります。

10.3 唯一の救済: 適用法が適用される場合および米国発着便除き、第10.2条に概説されているオプションは、お客様が利用できる唯一かつ排他的な救済であり、当社はお客様に対してそれ以上の責任を負わないものとします。

払い戻し

本利用規約または適用法に従って払い戻しを行う必要がある場合は、本条項が適用されます。空港税と、空港税にかかる付加価値税または物品サービス税のみを返金します。これは、旅行日から6か月以内に書面で要求された場合にのみ払い戻し可能で、該当する場合、返金には返金処理手数料がかかります。

11.1 総則: 第11.3条または第11.4条に規定された理由により、搭乗者が航空券またはその一部を使用しなかった場合、当社は、本条項と当社の内部規制に従って、未使用のチケットまたはその一部について、当初支払われた通貨で返金するものとします。自発的な払い戻しを含むがこれに限定されない、第11.3条または第11.4条に規定されている以外の理由で搭乗者が航空券またはその一部を使用しなかった場合、第11.5条に規定されている場合を除き、未使用のチケットまたはその一部について搭乗者から受け取った運賃および料金を搭乗者に払い戻さないこととします。

11.2 払い戻しを受ける資格のある人: 本利用規約および社内規則に従って払い戻しを行う場合、当社は次のいずれかの人に払い戻しを行うものとします:

  • 航空券に収益搭乗者として氏名が記載または記録された人物
  • 航空券購入者は、返金を受ける資格があることを証明する十分な証拠を提示してください。

11.3 非自発的払い戻し: 「非自発的払い戻し」という用語は、当社がフライトをキャンセルした、当社の制御が及ばない理由のためにスケジュールに従ってフライトを運航できない、第10.2条に規定されたいずれかの理由で搭乗者の目的地に着陸できない、第5.8.1条に記載の理由により当該搭乗者が予約したフライトで座席を提供できない、または第8.1条 (a)、(b)、(c)、(d)、(e)、(f)、(n)、(o)のいずれかに従い搭乗者の輸送を拒否する、または降機させる場合に行われる払い戻しを指します。このいずれかの場合の払い戻し金額は以下のとおりとなります:

  • 渡航のいずれの部分も使用されていない場合は、運賃と同等額が支払われます。または、
  • 渡航の一部が使用された場合、以下のいずれかの高い方が支払われます:
    1. 運賃に等しい金額から、元の運賃の計算に適用された割引率(該当する場合)、および渡航の終了地点(または輸送の中断がなかった場合に、輸送が再開される地点)から、航空券に記載または記録された目的地点までの未使用の輸送分に該当する費用を差し引いた金額、または
    2. 支払い済み運賃とすでに使用した部分の運賃の差額。

11.4 不可抗力等による払い戻し: フライトをキャンセルした場合、原因となる状況を考慮した上で当社が合理的な時間を超えてスケジュールに従ってフライトを運航しなかった場合、第10.2条に規定されている状況により搭乗客の目的地に着陸しなかった場合、当社は、当社の選択により、第10.2条 (c) に従って払い戻しを行います。その場合の払い戻し金額は以下のとおりとなります:

  • 渡航のいずれの部分も使用されていない場合は、支払われた運賃の金額。または、
  • 渡航の一部が使用された場合、以下のいずれかの高い方が支払われます:
    1. 運賃に等しい金額から、元の運賃の計算に適用された割引率(該当する場合)、および渡航の終了地点(または輸送の中断がなかった場合に、輸送が再開される地点)から、航空券に記載または記録された目的地点までの未使用の輸送分に該当する費用を差し引いた金額、または
    2. 支払い済み運賃とすでに使用した部分の運賃の差額。

11.5 非自発的払い戻しおよび不可抗力による払い戻し以外の理由による払い戻し : 適用法などで要求されない限り、第4.2条に規定の政府、関係当局、または空港運営者によって航空渡航に課せられた税金または料金の払い戻しは、第11.3条または第11.4条で規定されていない理由がある場合にのみ払い戻します。税金または料金は、旅行日から6か月以内に書面で要求された場合にのみ払い戻し可能で、該当する場合、返金には返金処理手数料がかかります。

11.6 払い戻しを拒否する権利: 本第11条の上述の規定にかかわらず、次の場合に航空券の払い戻しを拒否することがあります:

第11.3条または第11.4条に基づく払い戻しの請求の場合、かかる請求が、航空券に示された、または記録された出発日から30日を過ぎて提出された場合。搭乗者が事前の通知なしに予約したフライトに搭乗しない場合は、第11.5条が適用されます。

搭乗者により当社または国の政府担当者に、搭乗者の出国の意思を示す証拠として提示された航空券に関して、かかる搭乗者が、国に滞在する許可を持つ、または他の航空会社のフライトまたはその他の移動手段により国を出発するという十分な証拠を示すことができなかった場合。または

搭乗者の輸送が拒否される、または第8.1条 (g)、(h)、(i)、(j)、(k)、(l)、(m)のいずれかに従って降機させられた場合。ただし、第8.1条 (g)に従い、搭乗者が運送が拒否された、または降機させられた便の運賃、料金、税金の一部を支払う場合、当社は当該搭乗者から受け取った金額を搭乗者に返金します。

11.7 払い戻し方法: 当社が返金を行う場合、搭乗者または予約の支払い者が最初に行ったのと同じ支払い方法で行われるものとします。身分証明書と支払いの証拠が必要になる場合があります。払い戻しは、航空券の支払いが行われた通貨で行われます。払い戻しは、航空券が最初に購入された国で適用される規制、および/または払い戻しを支払う必要がある国で適用される規制の対象となります。

11.8 旅行代理店またはその他の第三者を通じて予約されたチケット/旅程/予約に関する払い戻しの請求に関しては、搭乗者はその代理店/当事者に払い戻しを申請する必要があります。

機内での行動

12.1 搭乗者が機内で、航空機・ほかの乗客・財産を危険にさらしている、乗務員の職務遂行を意図的に妨害・邪魔している、電子タバコなどを含む喫煙・飲酒・携帯電話の使用に関する乗務員の指示を含むがそれに限らない乗務員の指示に従わないでいる、乗務員に脅迫・言葉による虐待・侮辱を加えている、もしくは、他の乗客や搭乗員の不愉快・不都合になる行動・他の乗客や乗務員に損害を与えたり傷つけたりする行動をとっている、と当社が合理的に判断した場合、当社は搭乗者がそのような行動を続ける事ができないように、拘束を含めた必要と思われる手段を取ることがあります。当該搭乗者は、いかなる時点でも、航空機を降りるように指示され、その先の輸送を拒否されることがあります。また、当該搭乗者は機内での問題行動が罪に問われる事があります。

12.2 搭乗者の行動の結果、当社が行先を変更して搭乗者を降ろすことを合理的裁量で決定した場合、搭乗者は、行き先変更の結果、またはそれに付随して当社に発生するいかなる性質の経費も、すべて負担しなくてはなりません。

12.3 安全上の理由から、当社は携帯電話、ノートパソコン、携帯用録音機、携帯ラジオ、CDプレーヤー、ゲーム機、ラジコン玩具やトランシーバーなどの電波発信機を含むがこれらに限定されない電気製品の機内での使用を禁止または制限することがあります。補聴器と心臓のペースメーカーの使用は許可されています。

12.4 当社の料金には、機内での飲食代金は含まれません。しかし、出発予定時刻の24時間前までお食事のご予約が可能であるほか、機内で直接ご購入いただくこともできます。プレミアムフレックス運賃とフラットベッド運賃には、予約時に通知された機内での食事と飲み物が含まれています。すべての文化と宗教的信念を尊重するために、航空機内へのその他の食品の持ち込みはお勧めしません。

12.5 当社はすべてのフライトで、電子煙草を含む、あらゆる種類の煙草のご使用を禁止しています。

責任の限定

13.1 ワルソー条約とモントリオール条約に関する通知: 搭乗者の渡航の最終目的地あるいは最終到着地が出発国以外の国になる場合、ワルソー条約または1999年モントリオール条約が適用されることがあります。ワルソー条約または1999年モントリオール条約は、乗客の死亡・怪我および手荷物の紛失・損傷に対する航空会社の責任を規定していますが、ほとんどの場合その責任を限定しています。

13.2 手荷物に対する責任限定の通知: あらかじめより高い価値が申告され追加料金が支払われている場合を除き、車輪、足、ストラップ、プル/伸縮ハンドル、ハンガーフック、ゆるいフラップ、ジッパー、ポケット、その他の付属品など、手荷物の突出部分を含む手荷物の紛失、遅延、損傷に対する責任は限定されています。国内線での渡航に対する責任と、国際線での渡航に対する責任は、それぞれの法律により異なります。

13.3 ワルソー条約またはモントリオール条約が適用されない場合: お客様の輸送がワルソー条約またはモントリオール条約の責任規則の対象とならない場合、以下の規則が適用されるものとします。

  1. 損害に対する当社の責任は、損害を引き起こしたり、損害に寄与したりしたお客様の過失により、適用法に従って軽減されます。
  2. 受託手荷物または機内持ち込み手荷物の損傷は、かかる損傷が当社の過失によって引き起こされ、当該手荷物が当社の管理下にある場合を除き、当社は責任を負いません。
  3. 損害を与えることを意図して、または無謀に、損害が発生する可能性があることを承知の上で行われた作為または不作為の場合を除き、受託手荷物および機内持ち込み手荷物の損害に対する当社の責任は、料金表に規定された金額に制限されるものとします。手荷物の重量が手荷物識別タグに記録されていない場合、受託手荷物の総重量は、当該の輸送のクラスに適用される無料手荷物許容量を超えていないと推定されます。受託手荷物の場合、超過評価施設に従って書面でより高い価値が宣言された場合、当社の責任は、かかるより高く宣言された価値に限定されるものとします。
  4. 当社は、適用される法律または政府の規則や規制を順守していること、またはお客様がそれらを順守しなかったことに起因するいかなる損害についても責任を負いません。
  5. 本利用規約で別段の規定がある場合を除き、当社は、適用法に従って証明された損失および費用に対する回復可能な補償的損害についてのみお客様に責任を負います。
  6. 当社はお客様の手荷物によって引き起こされたいかなる損害に対しても責任を負いません。手荷物が他のお客様または当社の財産を含む財産にもたらした損害については、手荷物の持ち主であるお客様が責任を負うものとします。
  7. 当社は、受託手荷物と機内持ち込み手荷物で携行が許可されていない品目、物品の損害に対していかなる責任も負いません。これらの物品には以下が含まれるが、これに限定されるものではありません:壊れやすい、または腐りやすい物品、紙幣、宝石、貴金属、コンピュータ、個人用電子機器、換金性の高い書類、有価証券、そのほかの貴重品、ビジネス文書、パスポートと他の身分証明書、権利証書、またはサンプルなど特別の価値を持つ物品。
  8. 当社は、搭乗者の身体の状態から引き起こされた、あるいは身体の状態の悪化から引き起こされた、いかなる病気、または死亡を含めた障がいに対しても責任を負いません。
  9. これらの利用規約および責任の除外または制限を含む運送約款は、当社に適用されるのと同じ範囲で、当社の認定代理人、使用人、従業員、および代表者に適用されます。当社および認可された代理人、使用人、従業員、代表者から回収可能な合計金額は(ある場合)、当社自身の責任の金額を超えてはなりません。
  10. 利用規約または運送約款のいかなる条項も、ワルソー条約またはその他の該当する条約または該当する法律に基づく当社の責任の除外または制限を、当社が特に明記しない限り放棄しないものとします。

損害賠償および法的措置の時効

14.1 損害賠償の通知: 手荷物識別票(タグ)の所持者が手荷物受取りの時点で、異議を唱えることなく手荷物を受領したことは、手荷物が良い状態で輸送され、かつ、当社と搭乗者間の輸送契約に則って受領されたことの十分な証拠と認定されます。ただし、搭乗者がそうではないことを証明した場合には、この限りではありません。受託手荷物の損傷に関する請求または訴訟を起こす場合は、損傷を発見したらすぐに、遅くとも手荷物を受け取ってから7日以内に通知する必要があります。受託手荷物の遅延に関する請求または訴訟を起こす場合は、手荷物が受取可能になった日から21日以内に通知する必要があります。かかる通知はすべて書面で行われ、上記の期間内に郵送または配達されなければなりません。

14.2 訴訟の制限: 目的地に到着した日、航空機が到着する予定の日、または航空機が停止した日から2年以内に訴訟が起こされなかった場合、損害賠償の権利は消滅するものとします。時効の計算方法は、事件が審理された裁判所の法律によって決定されるものとします。

変更と権利放棄および可分性

15.1当社の代理人、従業員、または代表者は、本利用規約の条項を変更、修正、または放棄する権限を留保しません。

15.2 本利用規約は、運送規約の一部を構成します。本利用規約のいずれかの部分または契約条件の他の部分のいずれかの条項または条件が無効、違法、または執行不能であると見なされた場合でも、契約条件の他の条項の執行力に影響を与えることはありません。

Customer Service

16.1For an instant response 24hours a day and urgent assistance, please Chat with AVA. For Passengers in Mainland China who cannot reach AVA successfully, you can call +862066618855.

Last update: 27 September 2021